記念切手でも御成婚記念切手は人気が高いから買取も高値が期待できそう

切手収集している人の多くがもっている記念切手。

昔は、記念切手をゲットするために、郵便局に並んだりしたとかって旦那が言ってました。

わたしにはサッパリわからない話なんですが、記念切手っていろいろあるけど、どうやら、その中でも、御成婚記念切手っていう記念切手が人気が高いみたいですね。

御成婚記念切手の中でも、現在の天皇陛下のご成婚ではなくて、昭和天皇が皇太子時代の御成婚記念切手なんだって。

確かに、昭和の前、大正時代?とかの話ですもんね。古い切手だし、価値はありそう。

 

価値がある!ってなると俄然わたしも欲が出てくるんですけど、昭和天皇の御成婚記念切手っていうのが、関東大震災で印刷工場がこわれたりで、数が少ないんだそうですよ。

もっていたら、かなりの高額で買取してもらえるみたい。

我が家にはないんだなぁ~これが。

 

御成婚記念切手でも値段が違う

御成婚記念切手って、ヤフオクとかメルカリとかでけっこう出てるんですね。

最初、御成婚記念切手は価値が高い!と思っていたので、メルカリとかで1000円台とかで出品されているのをみて、これって買いじゃない?なんて思ったけど、↑でも紹介したように、価値が高いのは、昭和天皇の御成婚記念切手。

 

でも、これから、天皇陛下が変わるとまた違ってくるのかな?

 

買取額には、業者間で差があります

高値で買い取って貰いたければ、ネットをうまく活用した方がベターだと思います。普通は切手がどのような状態かによって元々の切手の値段より幾らか安くした値段が買い取ってもらう切手の価格となるのです。
けれども、切手の中には希少なものもあり、そういう場合はコレクターの中で高く評価されていて切手料金を超える価格となることもあります。売ろうと思っている切手がどういった価値か分からない方はネットで探してみるか、直接買取業者に査定を頼んでみましょう。

切手を業者に売るときにはシート状になっている切手でなければ受け付けられないだろうと思い込んでいる人もいるでしょうが、バラバラになっている切手でも買い取ってもらえます。

ただ、シートになっている状態の切手と比較すると安値での買取になってしまいがちです。

例えば、汚れた状態や糊の落ちた状態であった場合には余計に買取の価格から引かれてしまうことがあります。

蒐集した切手が大量にある場合、業者へ直接持ち込むのでは無く出張買取を使用すればいう方法が、賢明な方法です。
ここ数年では、切手の買取を専門としている業者もできて、出張買取という方法も珍しくなくなり、行っている業者も多いです。

出張買取のいい点は、店に行く時間を省くことが出来て、ゆっくり時間をかけ、査定を行って貰えるという点です。

集めた切手を売ろうとするとき気にかかることというと一体幾らになるのかということです。

とりわけ、人気がある切手では買取価格が高くつきやすいためほんの少しでも高価格で切手を売りたければ二―ズをあらかじめ調べておいて提示の買い取り金額の妥当性を見極める必要があるのです。切手の中に、グリーティング切手というものがあります。
この切手はよく知られたキャラクターがデザインしてあったり、装飾がプリントされているような切手のことです。
従来の切手とは形もちがい、たいへんバラエティーに富んでいます。通常の郵便物もこれがあれば華やかになるという演出の役割を果たしてくれるという効果も期待でき、コレクターズアイテムとしても価値があるものなので、人気ですので、高値で買い取られることも多いです。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ